<< マリオカート大会の参加方法や詳細 | main | キッザニア東京 予約 >>

映画「のび太と緑の巨人伝」の豆知識

この連休に映画「のび太と緑の巨人伝」を見に行こうと予定している人も多いと思います。

今回の登場キャラクターにキー坊と言う植物型人間(人間型植物)が有ります。

この映画「のび太と緑の巨人伝」に登場するキー坊は、実はこの映画が初登場ではありません。
初めて雑誌で登場したのは、「小学4年生」の1984年の4月号に掲載された「さらばキー坊」です。原作のコミックでは、33巻に収録されている同じく登場しています。

「さらばキー坊」の後も、そのストーリーがとても好評であったことから、その続編となる作品にも登場しています。テーマが、「自然破壊」であったためか、その続編でもやはり「自然破壊」がテーマとなっています。

常に最新の価格や情報が表示されるようになっています。
(レビューの多い順!)
当初、「さらばキー坊」では、裏山で成長している若い小さな木でした。
裏山では、森林伐採が団地を建設するために進み、それによって自然破壊が行われていました。

そこでそれを知ったのび太とドラえもんは、せめて若い木だけでもなんとか助けてあげようと、ひみつ道具のひとつ「植物自動化液」で、自分の意志で動けるように若い木をしてあげます。

まさにそれがキー坊の誕生で、のび太たちと暮らしていくうちに、段々い成長していきます。そんなある日、植物型宇宙人が植物星から訪れます。

植物型宇宙人は、地球の植物を救おうとやってきたのです。地球の全ての植物を植物星に移住させようと、まず最初に裏山の樹木を宇宙船に吸い上げてしまいます。

そのとき、ドラえもんとのび太、キー坊の3人も一緒に宇宙船の中に吸い上げられてしまいます。

そこで、植物移住計画を聞いたキー坊は、地球では動物と植物が共に支えあい助け合って生きていること、人間も自然破壊を引き起こしてきた事を反省してきている事を伝え、もう少し待ってほしいと訴えます。

植物型宇宙人はそれに対して、100年間の猶予期間を与え計画を実行することを中止します。そして、100年経ったときに再び地球を訪れ地球の自然環境が今よりも荒らされていたら、計画を実行する事にします。

その際、植物星で優れた文明を学びたいと思い、のび太の下を離れていくのです。

これが、初めて登場した作品と言う事です。その後も、映画「ドラえもん のび太と雲の王国」でもキー坊は再び登場します。

結構登場しているのです。
kentaurosukun * 映画 * 00:07 * - * - * pookmark
このページの先頭へ