<< Wiiマリオカートのレビュー | main | マリオカート Wii 攻略本 >>

K-1ワールドグランプリ2008の模様

K-1 ワールド グランプリ2008が始まりました。
見所は、セーム・シュルトVSマーク・ハントでしょう。

スーパーヘビー級王座戦ということで、現在K-1で3連覇中の無敵ともいえる王者セームシュルトに挑むのは、あのスーパーサイヤ人(と自分はイメージしているらしいですがやっぱり魔人ブー)マーク・ハントです。
K-1は5年ぶりというマーク・ハントですが、K-1で優勝もしている実力者です。
このマーク・ハント、タイプとしてはレイ・セフォーに近いと思います。

常に最新の価格や情報が表示されるようになっています。
(レビューの多い順!)
身長は、セーム・シュルトに比べればマーク・ハントはかなり小さいのですが、パンチは重く素早い選手なので期待が持てます。

K-1を制したときには、あのジュロム・レバンナにもKO勝ちしています。打たれ強さもあるのでセーム・シュルトの膝やパンチでも簡単には倒れないのではないでしょうか?

試合が始まり、第1ラウンドマーク・ハントの飛び込んでの大きな右フックがセーム・シュルトの顔に当たったかに見えましたが、わずかに浅い様です。

残り10秒をきった所で、セーム・シュルトの右後ろ回し蹴りがマーク・ハントの右わき腹を捕らえ、腹を押さえてマーク・ハントはダウン、そのまま起き上がれずにKOです。

やはりセーム・シュルトは強くマーク・ハントもあっけなく撃沈です。
このセーム・シュルトは、強すぎるくらい強い、レミーもホーストもアーツもレバンナも倒し無敵の王者という感じです。

自分としては、ミルコ・クロコップにK-1に帰ってきて戦ってほしいと思います。

バダ・ハリVSレイ・セフォー
第1ラウンドから積極的に打ち合うバダ・ハリとレイ・セフォーですがバダ・ハリの早い動きや膝にレイ・セフォーは、なす術がないという感じで3回目のダウンでKO負けしました。

エヴェルトン・テイシェイラVS藤本祐介
テイシェイラは2007年極真空手の王者です。K-1デビューの相手は武蔵をKOしたこともあるブンブン丸こと藤本祐介です。現役の極真王者がK-1に通用するかみものです。
第1ラウンド、K-1デビューのエヴェルトン・テイシェイラは、空手よりも離れた距離をとる藤本祐介に戸惑う感じで、キックも空をきります。

時折、エヴェルトン・テイシェイラの鋭いローが入りますが決め手にはならず、延長ラウンドに入ります。延長ラウンドで藤本祐介はスタミナ切れとローキックが効いてきたのか3ノックダウンでKO負けしてしまいました。

グラウベ・フェイトーザVSアレックス・ロバーツ
アレックス・ロバーツは、K-1初参戦です。試合はグラウベ・フェイトーザ有利に運びますが、アレックス・ロバーツは打たれ強くなかなか倒れないです。第2ラウンド残り1分少しの所でグラウベ・フェイトーザの左ブラジリアンハイキックがアレックス・ロバーツの顔面を捉えグラウベ・フェイトーザの勝利となりました。

武蔵VS澤屋敷・純一
日本を代表するK-1戦士・武蔵とあのK-1番長・ジュロムレバンナをKOした澤屋敷・純一との一戦です。

第1ラウンドは両者互角という感じで、続く第2ラウンド残り1分53秒に武蔵の左ハイが澤屋敷の顔面を捉えダウンを奪います。起き上がりますが聞いているようで軍配は武蔵に上がります。

まだまだ健在といったところでしょう。

それにしても、セーム・シュルト強すぎ!
誰か止めてくれ〜!
kentaurosukun * k-1 * 00:19 * - * trackbacks(0) * pookmark

トラックバック

このページの先頭へ