<< 無料の自動販売機が存在できるわけ | main | wiiフィットの効果でダイエット >>

アルコールチェッカー 販売店

アルコールチェッカーの販売店を調べてみました。

お酒を飲む機会が多いと気になるのが飲酒運転!

いまどき飲んで運転する人はいないでしょうが、飲んだ後に自分の体にアルコールが残ってるかとか気になりますよね。

常に最新の価格や情報が表示されるようになっています。
(レビューの多い順!)
楽天の通販では、いくつかのアルコールチェッカーの販売店があって、価格も性能も色々です。

キーホルダータイプでいつも持ち歩けるものから、本格的なチェッカーまでありますが、人気もあるようでそれだけ飲酒運転に対する認識も変わってきているのでしょう。

在庫ありとなっていても、年末などアルコールチェッカーの需要が増えると品薄になりやすいので、今のうちに手配しておくと良いでしょう。

飲酒運転は社会悪として広く認識されるようになり、今では運転代行などを頼んだりして、悪質な飲酒運転は減る傾向にあります。

年末や年始に向け飲酒する機会も多く、「自分は飲酒運転なんてしません。飲酒するときは自動車で行かないか、自動車で行ったときも運転代行をお願いするので心配要りません!」

という人も知らずのうちに飲酒運転をしてしまうことがあるのです。
実際、飲酒運転で検挙された人の中には飲酒後、数時間から一晩たっている人も多いのです。

これはアルコールに対する認識不足から来ると言え、飲酒をする人は体とアルコールのことをもっと知る必要があると思いました。

飲酒してアルコールが体内に入ると、それが肝臓で分解されるまで相当な時間が必要で、これはいわゆる酒が強いとか弱いとかにあまり関係がなく、

例えば、体内にビールなら中ビン1本(アルコール度約5%を500ml)
・日本酒1合(アルコール度約15%を180ml)
・ウイスキーダブル1杯(アルコール度約43%を60ml)
・チューハイ(アルコール度約15%を180ml)
・焼酎(アルコール度約25%を100ml)
・ワイン(アルコール度約12%を200ml)を飲酒した場合、体重60kgの人で約3〜4時間は体内にアルコールが残るのです。

ですから、居酒屋で飲酒して、帰る数時間前から飲むのをやめたからといって運転すると飲酒運転になることもあります。

先の例から行くと、それぞれの3倍くらいの量を飲酒すると9時間くらいは体に残りますので、飲酒してその時は運転代行を頼んで帰り一晩寝て、翌朝運転して会社などに行くと飲酒運転の状態になり場合によっては重大な事故をおこす事もありうるわけです。

このように一晩寝たから大丈夫だろう、と安易に考え運転し、事故を起こす人が増えています。
また、運転代行を頼むつもりで飲酒をするとどうしても安心感から、より多く飲酒してしまう傾向があり、一晩たってもアルコールが抜けず、飲酒運転をしているという事になりがちです。

アルコールと体の関係を良く理解し、気が付かないうちに飲酒運転をしないようにしましょう。
深酒は体にもよくありませんし飲酒は程ほどに・・・
kentaurosukun * 雑学 * 00:17 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ