<< ディズニーランド クリスマスファンタジー | main | 無料の自動販売機が存在できるわけ >>

K-1GPの結果

今年もK-1GPの結果です。

K-1 WORLD GP 2007決勝戦が始まりました。

第2試合 1回戦は、ジェロム・レ・バンナVSチェ・ホンマンです。
K-1の番長といわれながら、いまだ優勝経験のないバンナと大巨人ホンマン、前回の戦いではバンナが勝ちましたが、ホンマンもモーに初KO負けをしてから、心機一転トレーニングに励んでいるはずなので面白い試合になると思います。

1Rは、どちらかといえばバンナが積極的に出て行きます。バンナの仕上がりは良いようで動きが早く踏み込みの早いバンナに手こずるホンマン。

2ラウンドは、相変わらずバンナの動きは早く、前に出てプレッシャーをかけるホンマンですが、なかなかつかまりません。
後半、ホンマンの左が当たり動きが一瞬と待ったバンナはスタミナが切れてきたようです。やはりバンナは瞬発力はあってもスタミナがない。

ファイナルラウンドは両者打ち合いホンマンの膝が入ったりしましたがバンナのパンチは止まらない、そのまま時間になりましたが、判定は3対0のストレートでバンナが勝利しました。

常に最新の価格や情報が表示されるようになっています。
(レビューの多い順!)
第3試合 K-1 WORLD GP 2007 FINAL 1回戦はセーム・シュルトVSグラウベ・フェイトーザです。

史上初GP3連覇を狙うシュルトは勿論、優勝候補ナンバーワンですが、グラウベにも極真魂でがんばってもらいたいものです。

以前決勝戦でシュルトの膝で完全な失神KO負けをしたグラウベですが、いまだ攻略法がないといわれるシュルトに対してどんな戦いを挑むのか・・・

1ラウンドはシュルトが積極的に出て防戦一方という感じのグラウベでした。

2ラウンドは、2分16秒にグラウベの放ったブラジリアンキックが見事、シュルトの右顔面をとらえ後ろに腰砕けでよろけるシュルト、立ち直るもグラウベの猛攻は続きます。

しかし、しのいだシュルトは蹴りをグラウベのボディにあてグラウベも攻撃が止まります。その後両者打ち合いますが試合は第3ラウンドへ・・・

最終ラウンドは両者疲れが見え、判定に持ち越されました。
結果は3対0のストレートでシュルトが勝利しました。トータル的には積極的に試合を進めたシュルトに軍パイが上がったようです。


第4試合 K-1 WORLD GP 2007 FINAL 1回戦はバダ・ハリVSレミー・ボンヤスキーです。

お互いに動きが早く手数ではバダ・ハリが勝っているようです。ローキックはお互いに強力で、第二ラウンドはレミーがローキックをだし、バダ・ハリにダメージが溜まっているようです。

最終ラウンドもレミーのローキックにバダ・ハリは気力で向かって行きますが、判定はレミーが勝利しました。


第5試合1回戦は、ピーター・アーツVS澤屋敷純一です。

澤屋敷はカウンターを武器にバンナをKOしたのは記憶に新しく、大いに期待できます。
アーツは、特に最近は全盛期の強さが戻っているようで、4度目の優勝が期待できます。

開始早々仕掛けるアーツ、右のハイキックが澤屋敷をとらえるとたまらずダウン、その後も積極的に出るアールになす術がなく、完璧にアーツのKO勝ちでした。


第6試合準決勝はバンナVSシュルトです。

序盤から出て行くバンナにシュルトは後退、しかしさすがシュルトというか、残り10秒くらいで右ひざがバンナの顔面をとらえ何とかしのぐバンナです。

続く第二ラウンドの開始直前が、バンナサイドの動きがおかしい、バンナが顔をしかめて戦いたくないようです。少し足を引きずっているようにも見えます。コーナーから出てきません。

そういえば何年か前、モタとの試合で戦う気力がなくなってセコンドからタオルを投げられた事があったと思います。

しかし、ゴングが鳴ります。どうやら、バンナ自体はやる気がありセコンドが止めたいようです。どこか怪我をしているのかも・・・

それを見て勢いづくシュルトが放った右ローがバンなの右内側膝の辺りにヒットするとバンナは倒れこみ、立ち上がりはしますが、タオルを投げ込まれます。

やはり、膝が限界に来ていたようです。


第7試合 準決勝はボンヤスキーVSアーツです。
初の対決となる両者ですが、もと。同じチームにいて練習では良く戦い勿論その時はレミーはまだ若くアーツにかなりやられていたはずなので精神的には厳しいと思います。

第一ラウンドはやはりアーツがかなり優勢で、続く2ラウンドもアーツが優勢、攻撃が重いアーツに返す事が出来ないようで、レミーに2どめの口頭注意がでます。

その後レミーの反撃に一瞬アーツの動きが止まりますが、ダウンにはいたらずファイナルラウンドへ・・・

開始直後レミーのローにアーツは膝をあわせてブロックしたため、レミーはかなりのダメージを受けたようです。そういえばアーツがレイ・セフォーに10年位前の試合で同じことをして、キックをしたセフォーが脚を抑えて倒れこみKO負けしたのを思い出しました。

その後アーツが優勢に試合を進め、決勝進出を決めました。

メインイベント(第9試合)決勝戦は、ピーター・アーツVSセイム・シュルトです。

アーツが勝てばK-1 WORLD GP4度目の王者、シュルトが勝つと前人未到の3連覇というすごい事になりました。

20世紀最強の暴君と最強王者との戦いです。
第一ラウンド開始から積極的に前に出るアーツですが、準決勝でのバンナにTKO勝ちのシュルトとレミーとフルに戦ったアーツではやはりシュルトが有利、1分20秒くらいにシュルトが放った左のジャブのようなストレートのようなパンチが顔面に当たると、ひざが変な感じに倒れるとそのまま起き上がれず、シュルトのKO勝ちが決まりました。

前人未到の3連覇を成し遂げたセイム・シュルト!やはりシュルトは強かったです。
結果はシュルト!が王者に輝きました。

ヤフーニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071209-00000108-sph-fight
kentaurosukun * k-1 * 09:24 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ