<< 激安 sdカード wiiにも | main | 肩の痛みの症状を経験から対策する >>

熱中症の予防にスポーツドリンクがオススメの理由

熱中症の予防にスポーツドリンクがおすすめとは、夏の話でよく話題に上りますよね。

そこで誰もが気になるその理由や注意することを書きます。
常に最新の価格や情報が表示されるようになっています。
(レビューの多い順!)
暑い日が続き、熱中症のニュースも毎年のように連日報道されています。

熱中症はスポーツなどで体を激しく動かす場合に限らず、日常の生活でも時には室内でさえも起こる事を覚えておいてください。

たくさんの汗を短時間でかくことにより水分だけでなく体の中の塩分が不足し痙攣が起きたり、意識を失う事もあり、体温調節が出来なくなり熱射病に移行する事もある熱中症は時に命に関わることもある怖い症状です。

暑いときに、めまいや頭痛・吐き気を感じたら涼しい日陰などに移動し、水分の補給や、首やわきの下(大きな動脈が表面近くを通っているところ)を冷やし、体温を下げるようにしてください。

意識がはっきりしてない、応答が鈍い、などであれば熱中症を疑い救急車を呼ぶ必要もあります。

特に高齢者に多く普段の庭の手入れや掃除などで発症する事も多いそうです。
最近は、室内や就寝中に熱中症になるケースもあります。

高齢者は、体温の調節機能も低下しているのに、のどが渇く意識が低かったり、トイレにたちたくないなどの理由で水分を控えることが多いのも熱中症になる原因のようです。

エアコンを嫌ったり、扇風機や団扇があれば良いと若い時の気持ちで耐えていたりして事故につながることも多いと聞きます。

高齢者だけでなく若い人でもなりますので、普段からの予防が大切です。
熱中症の予防にはまめな水分補給が大切と言う事を耳にしますが、水やお茶だけでなくスポーツドリンクも有効だと思います。

熱中症は暑い日に大量の汗をかくことから始まります。
汗をかくということは水分と一緒に塩分も排出してしまいます。

スポーツドリンクはご存知のように塩分が入っています。

汗をかくと脳がのどの渇きを訴えます。
この時、体の水分が減り血液が濃い状態になっています。

水を飲むと血液の濃い状態は解消されるのですが、今度は水分のみの補給だと塩分が足りなくなるので、途中でノドの渇きは解消したと脳が指令を出してしまう、つまり実際にはまだ体は水分不足なのに、飲みたくなくなってしまうのです。

熱中症にスポーツドリンクがオススメの理由の関係がもうお分かりですね。

塩分が入っているなら体の塩分が薄まる事もなくもとの水分量まで水分が補給できるのです。
夏の暑い日の水分補給には熱中症の予防もかねてお勧めします。

さらに戸外では帽子をかぶる、日傘をさす、通気性の良い服を着用する事も効果的です。

熱中症の予防にはこまめな水分補給、特にスポーツドリンクがよいと思います。
水だけでは体の調整が利きませんよ!
kentaurosukun * 本当は怖い家庭の医学 * 00:45 * - * - * pookmark
このページの先頭へ