<< ドラクエソード Wiiは仮面の女王と鏡の塔 | main | ハリーポッターと死の聖人 >>

ユーザー車検の方法

ユーザー車検の方法って意外と簡単なんです。

わが愛車カローラは平成10年生まれのため今度で4回目となります。
自分のユーザー車検暦は十数年となり、今回もいつものように検査を受けに行きました。
常に最新の価格や情報が表示されるようになっています。
(レビューの多い順!)
前回と違うところは、ネットで予約ができるようになっていたことです。

今までは電話での予約が必要で、一週間前からできるのですがそれでも朝9時を待ち構え何度もかけなおし、何かのチケットを取るように何度も電話をかけなおしてやっと車検の予約を取っていましたから、とても楽になりました。

24ヶ月点検も車検を受けた後で良くなったし、車検場(陸運局)の人も親切丁寧になりました。
今回もいつものように、陸運支局ヘ行き書類をそろえ検査を受け始めたのですが、順番待ちで見ていると前の車たちが次々とライトの検査で落ちているのです。

いつも一回で受かり×をもらったことがなかったので少し不安になりながら、ライトの光軸検査へ、左は合格右は・・・・×のマークが付き再検査となりました。

判定室の人に聞くと「右が少し低い、合格の左も低めぎりぎり」との事でした。
そそくさと外へ出て、壁のあるところを見つけ、ボンネットを開けボルトを廻し少し上向きに、そのまま車検を受ける所のお尻に並び、事前検査(外見や球切れホーンがなるかなど)の検査員に「再検査です。」というと、「車台番号の確認は毎回しますのでボンネットを開けてください。」

確かに車検で落ちたからと再検査を別の車でしたのでは意味がないと思い確認をしてもらい、再検査のライトのボタンを押し、ライトのみの検査をしてもらい(このときも前の車がライトで落ちていました。)

今度は○をもらい合格印をもらって、めでたく車検を通すことができました。
最近は、自分でユーザー車検を受ける人が多く、確かに費用の面では有利ですが、それだけ普段の点検や知識が必要ということをお忘れなく・・・
kentaurosukun * 雑学 * 17:31 * - * - * pookmark
このページの先頭へ