<< あるある大辞典の納豆ダイエットはうそだったの? | main | 山本“KID”徳郁 負けちゃった >>

禿の防止のやり方

禿の防止は、簡単ではありませんよね。
何か良い方法はないかと探している人も多いことでしょう。

親族に薄毛の人が多かったり、遺伝するという話を聞くと心配する人も多いでしょう。
そこで、薄毛予防の方法や仕組みを調べてみました。
はなまるマーケットでいろいろな対策を紹介していました。
加齢による、禿(はげ)・薄毛は、仕方ないとしても、最近は若い人の間でも将来を心配していたり、早くも兆候が現れていて心配している人が増えているそうです。

防止するには抜け毛の原因を知る必要があり、良く言われるのが家系に薄禿(はげ)薄毛の人がいる、脂っこいものが好き、不規則な生活、頭をあまり洗わない又は洗い方が下手、等があげられます。

加齢によるものと病的なもの、薬(抗がん剤等)の副作用によるものを今回は省略し、男性型となどを説明します。

現在多くの人が薄毛に悩み積極的に取り組んでいると思います。なかでも問題となっているのが男性型脱毛です。

テストステロンというホルモンが体内の酵素により、ジヒドロテストステロンに変化してこのジヒドロテストステロンが毛母細胞の成長を阻害するために脱毛してその結果として薄禿(はげ)や薄毛になる。と言うのが有力な説となっています。

そこで最近では抜け毛の改善策として男性ホルモンが発毛を邪魔する物質を阻害するフィナステリド(男性用)と言う薬が出来ています。

フィナステリド(プロペシア)は、米メルク社が開発・販売する医師が処方する内服の男性型脱毛症(AGA)用薬です。万有製薬によりますと、世界60カ国以上で承認されているとのことです。

現在の日本では、医師の診断・処方箋が必要となっていて、更に保険適用外で全額患者負担となってしまいます。
処方価格は調査時で1錠250円くらいになるようです。

もう一つの防止効果のあるとされていますミノキシジルは、男女共用です。
ただし、必ず効果が出るとはいえないこと、効果が出るまで時間がかかること等があります。

原因により使い分ける事が必要です。いずれにしても遺伝などとあきらめないで気長に取り組む事が必要です。

2千人以上が購入しています!
スポイト付カークランド製ロゲイン5%・6本セット・男性用


これらのことから基本の防止策は、頭皮のトラブルの改善と血行を促進させることが必要です。

頭皮のトラブルとは、正しいシャンプーができないことによっても起こります。

頭皮に古い皮脂が残るとそれが酸化して、過酸化脂質となり毛穴にたまり刺激となり脱毛の原因になりやすいので、正しいシャンプーの仕方が必要です。

最近の説では、毛穴のつまりが直接に関係は立証されていないと言います。
シリコン配合のシャンプーで毛穴が詰まる事もなく、皮脂が詰まったりしても脱毛する直接の原因と立証は出来ていないそうです。

ただ、詰まると言うのは古い皮脂がたまることになるので酸化すると皮膚に良くないのは確かです。

清潔な頭皮は健康な育毛間環境には必要と思います。

それには、
まず予洗いをしっかりする。微温等でよくながす。毛穴も開いてたいていの汚れは落ちます。
洗髪は2回洗いが基本となります。

洗い方は指の腹でもむ様にし、つめを立てない、すすぎをしっかりしましょう。


頭皮の血行不良には、育毛剤を使うのもおすすめ!

昔の育毛剤は頭皮の血行を促進させるのが主体でしたが、最近は毛根の細胞を活性化するものと血行促進の両方を考えたものが出ています。

育毛剤を使うタイミングは、シャンプー後に使うのが成分が浸透しやすいので良いでしょう。
やはり頭皮をマッサージするように付けこの時、指の腹でもみこむようにつけます。

毎日続けることが育毛につながります。

頭皮シャンプー売れ筋ランキング



kentaurosukun * アンチエイジング * 09:50 * - * - * pookmark
このページの先頭へ