<< 美味しい焼き海苔の通販は価格も安い訳ありがおすすめ! | main | 楽天スーパーセールでクーポン使えば焼き海苔が安い >>

e11をe26に変換するアダプターを購入し普通のLED電球へ交換!

仕事先の明かりを節電のためにLEDに変えています。
しかし金口が普通のものではないライトもあって簡単に交換とはいきません。

普通より小さめのe11というサイズの金口を一般的な電球サイズのe26に変換するアダプターが必要です。

そこでe11をe26に変換するアダプターを購入しました。省エネのLED電球にするためにちょうどよいものがありました。

これがアダプターです。全長はご覧のように5センチ強くらいです。
e17をe26に変換金口の全長

少し見づらいかもしれませんが直径は3センチ強くらいですね。
e17をe26に変換金口の直径

節電対策として、レフランプや白熱電球や電球型蛍光灯を電球型LEDに交換をすすめているのですが厄介なのが店舗の電球交換ですね。

多くはe11をe26に変換するアダプターが必要です。
一般家庭の電球はE26といって需要も多くLED電球も安くて種類も多く販売されています。

常に最新の価格や情報が表示されるようになっています。
(レビューの多い順!)
ところが店舗などではE11のハロゲン電球を使用しているところも多く、一般家庭に比べれば非常に少ないので販売店も少なく、見つけても高価なLED電球になってしまいます。

節電・節約対策の電球交換ですから、費用対効果がないと意味がありません。
節電効果は抜群でも初期投資が多くては、店舗としては導入に踏み切れません。

そこでハロゲンなどのE11型金口に一般的で格安なE26型のLED電球をつけるには、金口を交換するのが一番です。

といっても電気工事には費用もかかり、工事には資格(電気工事士など)もいると思います。

そこで何か費用が安くてよい方法はないかと探していたら、e11をe26に変換する変換アダプターを見つけました。
数ある中ならE11の金口をE26に変換できるアダプターを探して購入してみたわけです。

アダプター自体のサイズも小さいので、少し電球が飛び出ますが気になるほどではありません。
ただし、直径がすこし大きいので、場合によっては少し加工が必要かもしれません。

私の場合は、反射板(パラボラアンテナみたいな銀色のやつ)の中心穴が小さくてそのままならすんなり通るところがこのアダプターの直径ではNGなので、ペンチで曲げ広げて入るようにしてあります。

ハロゲンに比べれば明るさは劣りますが、ハロゲンはすぐに切れるし高価だし熱も非常に持つ上に消費電力は大きいのでこれを使用してLEDに交換すればすぐに元が取れるでしょう。

細かいところから見直していけばトータル的に大きな省エネになるとおもいます。
ただし、損益分岐点は慎重に考えて選択する必要はあると思います。

E11の金口を簡単にE26のLED電球に交換したい人にオススメの変換アダプターです。
JUGEMテーマ:便利なものたち


kentaurosukun * 節電・エコ対策 * 14:47 * - * - * pookmark
このページの先頭へ