<< 日食用メガネ | main | ミルキークイーンの価格が送料込みで限定セール! >>

USB 外付けハードディスクの使用感と注意すること

ブラビアのUSB外付けハードディスクを購入しました。ブラビアと言うのはSONYの製品ですね。
我が家でも1TBを購入しました。

パソコンのハードディスクっていつの間にか一杯になってしまって、何かの機会に調べてみるといっぱいに近くなっていて驚く事があります。あわてていらないものを消すのですがこれがなかなか大変で苦労します。

バックアップもとりたいし・・・そう思うとUSBの外付けハードディスクが便利です。
そう感じていたのでサイズと価格のバランスから1TBのUSB外付けハードディスクを購入したわけです。

今回は、外付けハードディスクの使用感と注意することを経験から書いておきます。
今回購入したソニーブラビアのUSB外付けハードディスクの画像です。
ブラビア 外付けハードディスク01
サイズはこの様にコンパクトで場所を取りません。見えずらいのですが長さで16センチ強といったところでしょう。
ブラビア 外付けハードディスク02
常に最新の価格や情報が表示されるようになっています。
(レビューの多い順!)価格の低い順にみてみる
テレビ用外付けハードディスク
使用してみると動作音も静かで、縦置きでも横置きでも使用できて便利です。サイズもコンパクトで場所もとらずに快適に使用できます。

このUSB 外付けハードディスクは縦置きでの使用がスペース的には有利ですが、倒れる危険を考えると寝かせておくのがおすすめです。

じつはこの、ブラビアの外付けハードディスクを・・・・落としてしまいましたぁ!手に入れたばかりで!初めての使用で!

ノートパソコンにUSBでつなげて使用していたのですが、席から立って移動しようとしてコードを足に引っ掛けて見事にころげ落下してしまいました。

しかも、高さが70センチくらいの机の上から転がり落ちてしまいました・・・
初めてつなげて使用したのにまさか落としてしまうとは!

すぐにあわてて拾い上げ外れた電源を付けてパソコンを再起動させてみると・・・

とりあえず無事に認識はされています。よく外付けハードディスクを縦置きでの使用でパタンと倒しただけで損傷して認識しなくなったと聞きますがそれはないようで一安心です。

ハードディスクというのは精密機械ですから、些細な衝撃で不具合が生じてしまうことがあると言います。

もともとハードディスクの中は密閉されていて、中を開けたとたんに使用不能になるといいます。
通常の空間では細かい埃が飛んでいて、これが中に進入して壊れてしまうのだそうです。

それだけ精密にできているのがハードディスクなのです。むかし、時計はスイスが高性能と言われていたのは空気がきれいで澄んでいたからと聞いたことがあります。精密機器にとってはわずかなゴミもNGなんでしょう。

落下にも壊れないSONYブラビアは衝撃に強いのか?たまたま当たり所が良かったか?

調べてみると、そのときは正常に動作してもダメージがあるのだからそのうちに認識しない状態になるとか怖いことが書いてあります。せっかく買ったのに残念です。

特に異音もないようですから、気を取り直してなくなっても困らないようなものを入れておくことにします。

短時間だからと電源コードを面倒臭がってきちんと取り回さなかったのが原因です。
衝撃に弱いものという認識もなかったので、良い勉強になりました。

ノートパソコンなどは、電源を入れたままの移動のときにはずいぶん気を使うのですが、今回はそこまで注意しませんでした。

最近のデジタル機器は、簡単に使用できるようになった製品が多くありますが実はハードディスクの様に繊細な部品で出来ているものも多くあって、使う側がその繊細さを認識していないということが多いと思います。

少しの注意で事故は防げる場合が多いので気をつけましょう。
面倒くさがった結果、大切な永久保存版が台無しになってしまうこともあるわけです。

本当に保存したければBD(ブルーレイディスク)やDVDがよいそうですが、こっちのほうが手軽なので使う人も多いと思います。

このUSB外付けハードディスクは小さくコンパクトでUSB3.0にも対応しているので、大容量の動画の取り込みも、映像の早い動きもきれいに見える!

ブラビア 外付けハードディスクはsony製品との接続でなくてもおすすめですね。
JUGEMテーマ:コンピュータ
kentaurosukun * 家電 * 14:43 * - * - * pookmark
このページの先頭へ