<< キャリーケースのおすすめは座れるキャリーケース | main | シートゥサミットのリュックはサブバックにおすすめ >>

居眠り防止 グッズで対策は万全!

居眠り防止グッズや居眠り防止装置は、耳にかけて使用するタイプがおすすめです。勉強のときや自動車の運転時に重宝します。
常に最新の価格や情報が表示されるようになっています。
(レビューの多い順!)
おすすめのものは耳かけタイプで、耳の形にカーブしていてフックを耳にかけスイッチを入れておけば、居眠りなどで首が傾くとアラームが鳴って警告してくれるのです。

つまり、頭が傾くと内蔵された角度センサーが傾きを感知してアラームを鳴らしてくれるのです。
反応する角度も調節できるので、自分の癖にあわせることも可能です。

サイズも耳にかけて目立たないくらいの大きさですから車外からは見えないでしょう。
居眠り防止を保証するものではないですが、安心のグッズといえるでしょうね。

一人での長時間の運転を強いられる状況のときにこれなら頼りになりそうです。
渋滞時など助手席の人がスヤスヤ眠ってしてしまうと話し相手もいなくなって眠気がいっそう襲ってきます。

眠気覚ましに歌でも歌おうものなら、うるさい!と安眠妨害?となじられます・・・
世のお父さんたちにありがちな光景ですよね。

こんなときに便利なのがこのグッズです。

でも、あまりに眠い時には無理をしないで、早めに休憩を取りましょう。
これで万全なんて考えないで、警告が出たら速やかに休憩を取ることが一番の防止策だと思います。

自動車の運転中に眠くなったときの休憩方法で注意するのは、寝すぎないことです。

統計でも15分とかの短い睡眠を取った後に走り出した人のほうが1時間とか長く寝た人よりも事故を起こし
にくいようです。

寝すぎは頭がぼうっとして、しばらく反応が良くないと言いますから自動車の運転などの休憩の寝すぎは禁物ですね。

さらに寝る前にコーヒーを飲むと30分くらいしてからカフェインが効いてきて、短時間の睡眠の後が起きやすくなると言います。起きる時間を逆算して飲んでおけば上手にすっきり目が覚めるというわけです。

これらの方法やアイテムを上手に利用して事故は未然に防ぎたいものですね。
JUGEMテーマ:おすすめカー用品


kentaurosukun * 旅行 * 10:21 * - * - * pookmark
このページの先頭へ