<< ワットメーター付き電源タップは消費電力が分かる節電アイテム | main | キャリーケースのおすすめは座れるキャリーケース >>

led電球が懐中電灯になるマジックバルブ

led電球が懐中電灯になるマジックバルブが楽天や家電量販店でも売れています。

マジックバルブとは、普段はLED電球として使用できて、災害時や停電時などにはそのまま懐中電灯として使用できる電球型LEDの事です。
常に最新の価格や情報が表示されるようになっています。
(レビューの多い順!)
いつも使用しているled電球がいざというときにそのまま懐中電灯になるならこんな便利な物はないでしょう。

ほかにも人気がある理由は、本体がガラスではなくて強化プラスチック性ですから、万一地震の揺れで落ちてきてもガラスが飛び散る危険はないし壊れることも少ないでしょう。

手に持って使用するときにも白熱球の様には熱くないのです。
点灯中の地震で使おうと持ったら熱くて持てないなんてこともありません。

普段の灯りとして使用できて、いざと言うときにライトに早代わりするとは人気が出るわけですね。

防災意識の高まる中でこれからの防災対策用品としておすすめの震災グッズといえるでしょう。

省エネ性も抜群で消費電力は4Wで、40W相当の白熱電球と同じ程度の明るさと言いますから寝室の電気スタンドなどに使用するのにおすすめです。

これなら、夜間の就寝中の震災でもすぐに取り外して使用できるわけです。

口コミではリビングの明かりとしては少し明るさが物足りないようです。

ですから普段の使い方としては間接照明器具などあまり強力な灯りが必要でない場所で、いざと言うときに取り出しやすい器具への設置が良いでしょう。

いざというときにどこにしまったかわからない懐中電灯よりも頼りになると思います。
夜に地震が来て停電して暗闇の中で灯りを探すよりも、いつもの明かりのつく場所ならあわてていても忘れないでしょう。

普段の灯りがそのままハンディライトになるマジックバルブは一つあると便利な商品です。
震災に備え枕もとの照明などに用意しておきましょう。

JUGEMテーマ:本日のおすすめ
kentaurosukun * 節電・エコ対策 * 15:30 * - * - * pookmark
このページの先頭へ