<< こだまでしょうかの本はわたしと小鳥とすずと | main | フラックスチェアとは便利な折りたたみ椅子 >>

白熱電球をledへ交換してみた

この連休で、我が家の明かりを白熱電球からledへ交換してみました。

以前試しにパナソニック製のled電球が、島忠ホームセンターで格安で販売されていたので、40W相当ですが1個を購入して、交換したところ想像以上に明るくてよかったのです。

コレなら十分に利用できると思い早速、我が家の発熱電球をLEDへ交換しようと思い探してみたわけです。
常に最新の価格や情報が表示されるようになっています。
(レビューの多い順!)
早速、ネットの通販店舗で調べてみると色々なメーカーが電球型LEDを出していてパナソニックのほかにも東芝や日立、NECやアイリスオーヤマなどがありました。

激安な電球型LEDがあったのですが、ブランドはアイリスオーヤマのエコルクスで5個セットで格安・送料込みになっていたのであく熱電球よりはよいだろうと思い購入してみました。

アイリスオーヤマといえば色々な製品を格安で販売しているところですよね。
価格はまだ高価ですが棒状の蛍光灯型のLEDも販売しています。

楽天の店舗での購入でポイント10倍で5個セットを2セット購入し、早速リビングやキッチンの白熱電球を交換してみました。

今までキッチンは白熱球でリビングは電球型蛍光灯を使用していたのですが、LEDにした感想というと白色を選んだせいか、明るさはアップしたように感じます。

コレで電気代も減るのですから感心してしまいます。きっと熱量も少ないはずですから夏場も今までよりも過ごし易くなるでしょう。何せ夏のキッチンは地獄です。

リビングには消費電力6.3Wで410ルーメンの電球型LEDを5個使用したのですが我が家では充分な明るさに思えます。

切り替えで3個の点灯でもよい感じです。

わが家を改めて見直してみると白熱電球をLEDに交換できる場所は多く、今回10個を交換しましたがトイレや廊下、お風呂などは白熱電球(レフランプ)のままなので、近いうちに全て交換しようと思います。

節電効果が大きく簡単な節電対策となりますのでおすすめできます。
特に発熱が少ないので夏のキッチンだけでなくリビングなどエアコンの省エネにもなりそうですね。

寿命も長いので交換の手間も省けるとメリットも多く、後は値段が下がれば言うことはないです。
セールやポイントなど利用して購入してみるのがオススメです。

JUGEMテーマ:家庭
kentaurosukun * 家電 * 17:43 * - * - * pookmark
このページの先頭へ