<< アジ茶漬け 楽天 | main | ノリピーに逮捕状 >>

省エネ家電を比較してみる

省エネ家電を比較しますとその性能差がわかります。
そこで省エネ家電のお得度からおすすめのご紹介です。
省エネ家電も当たり前のように開発されて種類も多く購入しやすい状況になり、いろいろと比較して買い替えを検討している人も多いと思います。

省エネ家電は消費電力の多い冷蔵庫やエアコン、薄型テレビだけでなく洗濯乾燥機や掃除機などさまざまな家電に及んでいますので買い換え次第で電気代の節約が期待できそうです。

消費電力が比較的多く省エネ効果が期待できるエアコンで言えば富士通のノクリアSシリーズはセンサーを使用した技術で、人の動きと部屋の湿度を感知して調節します。

人が動いているのを感知したり湿度が高い時は、暑く感じていると判断して温度を調節するため暖めすぎなどを防ぎ省エネになるというのです。

11年前のエアコンに比べ消費電力は半減し標準家庭での使用では年間の電気代を比較すると約1万8千円もお得になるということです。

エアコン
常に最新の価格や情報が表示されるようになっています。
(レビューの多い順!)

同じく薄型テレビのソニーブラビアV5シリーズは、テレビの前面3メートル以内に人がいなくなると自動的に消える機能がついていて、46型で年間約4300円の電気代を節約できるそうです。

薄型テレビ
常に最新の価格や情報が表示されるようになっています。
(レビューの多い順!)

日立のドラム式洗濯乾燥機風アイロンビッグドラムは、モーターなどで発生する熱を乾燥に再利用するという世界で始めての技術を開発し、7年前の製品よりも80%もの消費電力を節約できるようになりました。

年間で約3万円の電気代が節約できるということです。

ドラム式洗濯乾燥機
常に最新の価格や情報が表示されるようになっています。
(レビューの多い順!)

照明ではパナソニックのオートエコ調光付ツインPAは部屋の明るさをセンサーで感知し、昼間など晴れや曇りの変化に対応して明るさを自動調整して消費電力を節約します。従来の機種と比較して約60%カットできるといいます。

調光付きシーリングライト
常に最新の価格や情報が表示されるようになっています。
(レビューの多い順!)

このように以前の製品と比較すると、電気代を大きく節約できる機種が多いということがわかります。
購入価格と年間電気代を計りにかけて、省エネ家電を比較してみることをおすすめします。
kentaurosukun * 家電 * 09:48 * - * - * pookmark
このページの先頭へ