<< のと海洋ふれあいセンターの遊覧船がおすすめ | main | 任天堂DSiの機能や販売店 >>

能登空港の焼さば鮨と芋菓子

能登空港の焼さば鮨を能登空港で購入しました。

帰りの能登空港に向かう途中で、レンタカーを借りるときに指定されたセルフのガソリンスタンドでレンタカーにガソリンを入れて車を返して飛行機の時間まで、空港でお土産を買う事にします。
常に最新の価格や情報が表示されるようになっています。
(レビューの多い順!)
能登のお土産といえば能登空港の焼さば鮨が人気ですが自分の場合は、いも菓子でそれも泉谷の芋菓子でなくてはなりません。(なぜかこだわりがあります。)

それと最近は能登の大納言を使用したドラ焼きというのでそれも買い、もちろん能登空港の焼さば鮨もはずせません。

今回、能登半島の旅行を決めたときにたまたまテレビでやっていた空弁で、あのギャル曽根が絶賛していた能登空港の焼さば鮨を買う事に決めていたので、買おうと売店を探しますが見当たりません。

そういえば、売店は2階にもあるので2階の売店にいくと・・・

ありました!

それも、空弁のテレビの時の映像を流して大きく宣伝した「能登空港の焼さば鮨」が!
これももちろん購入して、なんだかお土産だらけ!

しかも食べ物ばかりになってしまいましたが、そんなことは気にせず柿のお菓子みたいなのもついでにに購入しました。

そうこうしているうちに、飛行機の時間になり乗り込むと、席を取るときにわかっているのですが、今回は満員に近く以外と利用する人は多いようです。

確かに、能登半島に来るには羽田から飛行機で1時間でこれるのですから、便利この上ないと思います。
20年位前に自動車で行った事があるのですが、10時間はかかったと思います。

能登空港から羽田、羽田から直通バスで約1時間でお家に帰り着いてしまうのですから、下手に近場の混む所に行くよりも早くて楽だと思いました。

予算が許せば来年もまた行きたいところですね。

その日の夕食にいただきましたが、油もほど良く乗っていて臭みもなくおいしかったです。
「能登空港の焼さば鮨」はおすすめの空弁ですね。

kentaurosukun * 旅行 * 23:03 * - * - * pookmark
このページの先頭へ